玄関ドア デジタルロック取付 静岡市

デジタル錠

静岡市のお客様より、新しく引っ越したので玄関ドアの鍵交換したいとのご依頼でお伺いしました。

現場に出張して確認すると、玄関の鍵はMIWA社の2ロックのプッシュプル錠でした。どんな鍵にしたいのかお話しを伺うと、カードをかざすだけで操作出来るデジタル錠にしたいとのこと。カードタイプのデジタルロックはいろんなメーカーが出していますが、弊社でお勧めしているデジタルメーカー2社EPICさんとFUKIさんのデジタルカード錠の2案でお見積りさせていただきました。

EPIC  TOUCH2

 

まずはEPICさんのデジタルロック、TOUCH2です。この商品の一番の特徴は製品の安さ!他の製品だとネットワーク制御やスケジュール制御、その他等の機能が付いているので価格も高くなりますが、この製品は一般家庭では不要な機能が付いていません。そのためコストカットすることにより他のデジタルロックではない安価な製品です。大まかな機能は、テンキーボタンの暗証番号による解錠、もしくはICカードによる解錠です。

FUKI スマートリムロックR

続いてご紹介した製品はFUKI スマートリムロックR です。この製品の一番の特長は室内のリビング部屋の中から、リモコン操作でオート解錠出来ます。家族や来客などがあった場合にわざわざ玄関まで行って鍵を開ける操作する手間がなくなるのでインターフォン越しで鍵を解除しましたのでお入りくださいと言うだけです。

今回はこの2タイプで見積もり提案させていただき、お客様がリモコン操作が便利で良いからとFUKI スマートリムロックR(電池式)のご成約を頂きお取付させていただきました。

玄関ドア 施工前

玄関ドア 施工前

ではドリルなどの工具を使って取付作業開始です。

既存錠前のすぐ上辺りにスマートリムロックRを付けたいのですが室内側にドアガードあるため、寸法的にこのままではドアガードの上に取付となってしまいます。これだとスマートリムロックを取り付けた時に、取付位置が高すぎて子供さんたちの手が届かなくなると言われたので、今回はドアガードを取り外してスマートリムロック取り付けた上に移設させてもらうことになりました。

室内機が入りません。

移設のため取り外し

スマートリムロックの取付位置を出したらドリルで加工していきます。

ドアを加工中

ドアの加工完了

ドアの加工穴は5か所で貫通させます。真ん中は38パイのホルソー、あとは11ミリのドリルで穴開け作業です。

機器取付

取付説明書を見ながら取り付けていきます。このときコネクターの接続や、本体をビスで閉めこむときに配線を圧着してしまったり、キズ付けないよう注意します。

取付中

本体取付完了

続いてはドア枠に錠のカンヌン(デッドボルト)を受けるストライクの加工取付をします。スマートリムロック本体の位置を見ながらストライクを加工取付します。

ストライク取付

これで取付完了です。続いては機器設定をしていきます。カード登録、暗証番号、リモコン登録、オートロック有無し、デジタル音有無し、おサイフケータイ登録など設定して動作確認で全て完了です。

暗証番号

室内機ボタンで施錠解錠

室内機ツマミで施錠解錠

ドアガードもスマートリムロックを上に移設取付させてもらいました。(^.^)

室内からリモコンで解錠

スマートリムロック本体には単三電池4本とリモコンには単四電池2本が必要です。

カードで操作の写真撮り忘れてしまいました(;^_^A

取付後

取付後

お客様に動作確認してもらい簡単に操作出来て楽になったと喜んでいただきました。(^^♪

ありがとうございました。

キーマン静岡では、暗証番号式、カード式、指紋認証式など、いろんなメーカーのデジタル錠を取り扱っておりますので、お気軽にお問い合わせください。m(__)m

お見積りやご相談は無料です。(^.^)

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加